すべての災害においては、発生時に備えた訓練や情報収集が大切です。また水害の「あと」におこることを考えると、「土砂の撤去ができるのか?」「汚れてしまった畳の処理ができるのか?」「浸水した後の家屋への対処はどうするのか?」「被災した後にどのような支援が受けられるのか?」などの困難に直面します。
 今回の講演会は、水害そのものの理解に加え、発災後の困難とその支援を行うボランティアの実際についての内容です。九州地方や静岡県をはじめ、ごく近年の被災地で実際に支援活動に従事された方を講師としてお招きします。災害ボランティア活動に関心がある方、水害後にどのような支援を受けられるのか知りたい方、ぜひご参加ください。

テーマ:「えっ!まさか我が家が…。大雨で家が浸水。その時あなたはどうしますか?」
日 時:6月11日(土)午後2時~午後3時30分
講 師:松山 文紀氏(災害対応NPO MFP代表)
会 場:ハミングホール 大ホール
参加対象:市内在住の方、災害ボランティア・災害について興味関心がある方
参加費:無料
定 員:50名(先着順)
申込み:6月3日(金)まで
※手話通訳あり