東大和市社会福祉の制度・事業、ボランティア、福祉の仕事・資格・研修、福祉関係図書、福祉機器、福祉関係団体など、社会福祉に関するさまざまな情報を紹介しています。

精神障害者地域生活支援センター「ウエルカム」

地域生活支援センターとは?

地域で生活している精神障害のある方々や家族が安心して暮らせるように日常生活の相談や地域交流等、一緒に考え支援する場です。

  • 開所時間
  • 月曜日/水曜日/金曜日
    午前9:00~午後6:30
  • 火曜日/木曜日/土曜日
    午前9:00~午後5:00
  • ※お休み
    日曜日/祝祭日/年末年始

連絡先:042-564-0891、相談用:042-564-0888
F A X :042-564-3680

こんなことをしています

  1. 交流室
    自由にくつろげる憩いの場を提供しています。
  2. 相  談
    日常生活の悩みや対人関係の不安などについて、電話や面接で相談できます。
  3. プログラム
    食事会やスポーツなどを行っています。

利用料

無料です。ただし、プログラムに応じた実費負担が必要な場合があります。

利用するには

まずは、お気軽に見学にいらしてください。

今月の予定

ウエルカムニュース

  • 12月のお知らせ

    お知らせ 

     

    ※お知らせ(12月1日現在)※


    12月のウエルカムの利用は引き続き以下のようになります。

     

    交流室は時間を制限して開所。
    開所時間:①9:30~11:30
    ②13:30~16:30
    (11:30~13:30は利用できません)

    来所時はマスク着用、検温、手指の消毒をお願いします。

    交流室内は人数制限を行います。(4人定員)

    複数人で一緒に来所される場合、滞在人数によっては利用できない場合があります。

    大声での会話はお避け下さい。

    交流室内は食事禁止。持ち込みのペットボトル飲料のみOK。麦茶の提供は当面出来ません。

    退所時は周囲の消毒をお願いします。

    ○喫煙所のみの利用は出来ません。

    ○電話相談は開所時間内でご利用出来ます。

    ○ホワンホワンルームは、交流室が人数オーバーになった場合のみ、2名までの待機場所として利用出来ます。(会議、プログラムなどの使用時除く)

    ○プログラムは食事系以外は実施予定、感染対策で人数制限を設けている関係で、定員制になっています。申し込み開始日がありますので、お間違えのないようお願いします。

    ○来所相談は原則予約制です。職員が対応可能であれば当日・直前の面接の申し出もお受けしますが、事前予約の方が優先となりますのでお受け出来ない場合もあります。

    ○家族、知人に体調の悪い人(熱があるなど)と接触があった場合は、来所を自粛して下さい。

    ○ウエルカム利用後、発熱・倦怠感など体調が悪くなった方は、早急にウエルカムまでご連絡ください。
    また少しでも体調が悪いと感じたら、ウエルカム利用をご遠慮ください。

     

    世界的にはまだまだコロナ感染の勢いが止まらず、アフリカを由来とする新型株も報告され始める中、日本では全国的に感染者数の減少が続き、生活は徐々に元に戻りつつあります。ただ、これから年末を控え、まだ気が抜けない状況である事には変わりありません。ウエルカムでは万全を期して今まで同様時間制限、人数制限の感染対策を続けています。利用者の皆様には引き続き大変ご迷惑をおかけしますが、感染拡大防止に向けご理解ご協力よろしくお願い致します。
    なお、変更があった場合はその都度お知らせ致しますので、ホームページをご覧ください。

    年末年始のお知らせ 

    ウエルカムは、12月29日(水)から1月3日(月)まで年末年始休業になります。1月4日(火)から開所となりますので、お間違えのないように、よろしくお願いします。

     

  • 12月のプログラム

     

     

    羊毛フェルト

      

    12月7日(火)  13:30~
    100均にもセットが売っていたり、可愛さが最近人気の羊毛フェルト。
    「気になるけど自分にできるかな…」という方も多いと思います。
    作り方は羊毛を専用の針でつつきながら刺し固めるだけ!サクサクという音に癒されながら集中して可愛いマスコット作りをしましょう。ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!
    申込みは12/1(水)~6(月)まで。定員3名(先着順)。(会費100円)
    ※見本はウエルカムにあります。
    作業所スタンプラリー

    ~障害のある人の働く場をたずねましょう~

    12月10日(金)・11(土) 13:00ウエルカム前集合
    市内には障害のある人が働く作業所(就労継続支援B型事業所)が13か所あります。作業所では、手工芸品やお菓子などの自主製品の作製や工夫を凝らした作業に取り組んでいます。
    今回、市内の作業所を回るスタンプラリーにウエルカムでも参加。各作業所では作業の見学ができ、体験や景品の当たるクイズを行っている所もあります。作業所の製品も購入できます。
    スタンプを3個または5個集めると、素敵な景品をゲットできます。作業所に興味のある方はもちろん、スタンプラリーを楽しむための参加でも大丈夫です。
    (予定)12月10日(金)
          PACE(パーチェ)・かたつむりの会・第三みんなの家
        12月11日(土)
          あとりえトントン・NOAH(ノア)※当日の参加メンバーで話し合って行く場所を変更する事も可能です。両日の参加もOKです。
    申込みは12/1(水)~9(木)まで。定員各日3名(先着順)。(会費なし。交通費が発生する場合は自己負担)申し込みの際に、自転車か徒歩かをお知らせください。
     

    クリスマス会

    12月24日(金) 13:30~
    今年も恒例のクリスマス会を行います。残念ながら今年も感染予防のため食事の提供はできません。短い時間となりますが、なかなか会えなかったメンバーに会い、ビンゴゲームで景品をゲットし、みんなで楽しい時間を過ごしましょう!ぜひご参加ください!☆
    申込みは12/1(水)~22(水)まで。定員15名(先着順)。(会費200円)
    その他のプログラムはカレンダーでご確認ください。何か変更がありましたらホームページ上でお知らせして行きます。

     

  • 11月のレポート

    クリスマスプログラム①

    ~リンリンツリーペン~

    11月5日(金)、クリスマスの雑貨つくり第一弾で、リンリンツリーペンを作りました。
    ツリー型の赤と緑のフェルトに鈴を縫い付け、ボンボンやパールシールも飾り付けたら、2枚を貼り合わせます。鉛筆を刺せば、カラフルなツリーペンが出来上がりました!
    振ると小さな鈴が鳴って、クリスマス気分も盛り上がります!
    細かい作業は大変な部分もありましたが、女子トークをしながらの作業は楽しい時間となったようです。
     

    クリスマスプログラム②

    ~ツリーブローチ作り~

    11月29日(月)、クリスマスの雑貨つくり第二弾はツリーブローチです。
    4月にアマビエのキーホルダーを作ったのと同じプラバンで作ります。
    ツリーの形に切ったプラバンに色を塗り、オーブントースターで焼きます。アマビエの時もそうでしたが、「えっ、これ大丈夫?」というくらい反り返って縮むのでドキドキしますね!出したらすぐ重しを乗せて形を整えレジンを塗り、パールや金粉で飾って、ネイルなどを乾かすUVライトで硬化させます。軽く固まったらまたレジンを塗って再び硬化。手につかなくなったら出来上がりです。裏面のブローチピンはそれぞれの自宅で付けてもらう事にしました。レジンも中の金粉もキラキラして、クリスマスにぴったりのブローチになりました。
    皇帝ダリア 昨年「皇帝ダリア」という花についてお話した事を覚えていますか?
    原産国は中南米。別名木立(こだち)ダリア、ツリーダリアと呼ばれています。地下の球根から地上に竹の節のような茎を上へ上へと伸ばし、長いもので6mになるものもあります。
    その皇帝ダリアが今年もウエルカムの屋根より高い位置でピンク色の可愛い花を咲かせました!日照時間が短くなると花を咲かせるそうですが、寒さにも弱く、冬になると球根を残して地上部は枯れてしまうそうです。
    花言葉は「乙女の真心」「乙女の純潔」。来所の際はちょっと上を見上げ、青空に美しく映える様子をご覧になってください!

  • 10月のレポート

    ハロウィン ランプシェード作り 緊急事態宣言で長い間中止されていたプログラムがようやく再開されました。
    再開一回目は10月6日(水)、ハロウィンにちなんでかぼちゃのランプシェードを作りました。膨らませた風船に麻ひもを巻き付け、球体の土台を作り、その上からハロウィンカラーのオレンジの麻ひもを巻いてボンドで固めます。均等に巻き付けるのがなかなか難しかったようです。顔のパーツと毛糸の帽子は職員Sさんの力作です。
    ランプシェードの中に入れたキャンドルライトのほのかな明かりが、ハロウィンの夜にぴったりの素敵なライトが完成しました!★
    ゆる筋トレ 10月7日(木)、大好評のヨガストレッチのH職員による新たなプログラム「ゆる筋トレ」を行いました。
    様々なゆる筋トレのメニューの中から今回行ったのは、「カエル足ストレッチ」です。仰向けに寝てカエルの足のように開いて膝を曲げ、股関節をねじったり腹筋をしたり、体を伸ばして行きます。
    きついと感じた参加者には、負荷の少ない姿勢に変更して行いました。
    それでもコロナ禍で固まった身体には抜群の効果で、終了後「体が軽い」といった声もあがったようです。
    筋トレは続けることが大事。ぜひおうちでもやってみてくださいね!
    WDC&メンバーミーティング 10月30日(土)、恒例最終土曜日のWDCと、長い事お休みしていたメンバーミーティングを合同で行い、4名の方の参加がありました。
    交流室の使い方やプログラムについては、緊急事態宣言が明けた後でも人数制限や時間制限があると行きにくい、プログラムが減ってしまって残念なので外出のプログラムなら大丈夫?など意見が出ました。
    職員からは、交流室でテレビをつける(消す)、エアコンをつける(消す)時は、つけたい(消したい)人が周りの人に一言声を掛けるようにお願いしました。当たり前の事ですが、誰かが我慢することなくお互い気持ちよく過ごしたいですね。
    他にヘルプカードが周知されていない事による悩みや、WDCのように他メンバーとフリートークが出来る場があるのは良いなど色々な意見が出て、一時間はあっという間に過ぎました!
    今後も二つのプログラムを合同でやるのか、別にするのか、次月でお知らせします。

  • 9月のレポート

     

    ウエルカム!

    7月に始まった緊急事態宣言はついに2か月越えで、9月30日まで延長されました。その間交流室は閉鎖。何もかもが永い眠りに入ったようでした。
    でも緊急事態宣言が解除され、いよいよ10/1から交流室が開所します!ウエルカムは利用されるメンバーさんがいてこそ、活気を取り戻します。まだ時間制限、人数制限はありますが、是非また元気な顔を見せにやって来てください!職員一同お待ちしています!!

  • 8月のレポート

    ウエルカム農園 8月は緊急事態宣言が出ていたため、プログラムは一回も行われず終わってしまいました。準備をして皆さんに会える日を楽しみに待っていたのにとても残念です。
    今年の夏も35度越えの日が続く、暑い夏になりました。
    炎天下でも元気に頑張っていたのがウエルカム農園の草花たちです。
    春に植えた時は「苗が足らなかったかな」と思うくらい隙間が空いていたのに、たっぷりの雨と夏の日差しの中もりもりと育ち、農園に元からあるミントや雑草と相まって土が全く見えないほどになりました!
    暑いのでちょっと雑草取りをさぼると、あっという間に放置された空き地状態です。(゚Д゚;)植物のたくましさを知りました。
    来年度はまた、夕食会の食材に使える野菜たちを育てられたらいいなと思いました。

  • 7月のレポート

    七夕 7月7日(金)は七夕でした。コロナの影響で七夕のお菓子作りなどが出来なくなりましたが、せめて笹飾りだけでもと思い、今年も中庭に設置しました。短冊は来所された方に少しずつ書いてもらい、職員の用意した飾りと一緒につるしました。
    どんな世の中になっても、日本の伝統行事は守っていきたいですね!
    今年も一番多かった願いは、「コロナが早く終息しますように」でした。
     

    女子会(リメイク缶&多肉植物寄せ植え)

    7月7日(金)、女子会で寄せ植えをしました。
    ツナ缶を白く塗ってデコパージュしてリメイク後、数種類用意した多肉植物を缶に植えます。参加者は「普段やった事がないから難しい」と言いながらも、職員と相談しながら完成させ、とてもおしゃれな寄せ植えが出来ました!
    多肉植物はアフリカなどの暑くて乾燥している地域の植物で、葉、茎、根に水分を蓄え、肉厚でぷっくりしているのが特徴です。水を頻繁にあげる必要もなく、育てやすい植物です。
    今回のプログラムはもともと5月に予定していたものですが、緊急事態宣言のため延期続きだったので、無事開催出来て本当に良かったです!
    (*^▽^*)

  • 6月のレポート

     

    ウエルカム農園

    6月の農園は、たっぷりの雨に恵まれ、花や作物がぐんぐん伸びました。
    花は最初に植えた時ちょっと寂しいくらい隙間が開いていましたが、2か月経って苗がどんどん成長し、花も咲き続けています。一時枯れかけたフレンチラベンダーも、切り戻しをしたら復活しました!!(^^)!
    ワイルドベリーも小さい白い実を次々付け、トマト(ミニトマトと思っていたのは間違いで、実は中玉でした!)も鈴なりになって、色もついて来ました。収穫ももうすぐです。農園の仲間は他に、ミント、オレガノ、ローズマリー、カモミールなどのハーブなどがあります。
    来所時にぜひ覗いてくださいね。
     

     

    WDC

     

     

    6月26日(土)、今年度2回目のWDCは女性3名の参加がありました。今回も事前にテーマを設けずに、自発的に話したい事を話してもらった所、やはりコロナの話題になりました。ご家族がワクチン接種を完了したという参加者には質問が出て、関心の高さが伺えました。
    コロナの他にも最近話題のニュース等、話は盛り上がって終了しました。参加したメンバーさんは、「色んな話が聞けて良かった」「人と雑談をする機会は久し振り」と話していて、人とコミュニケーションが取れるこのプログラムの意義を感じました。

  • 5月のレポート

     

    ウエルカム農園

    緊急事態宣言が5月いっぱいまで延長され、5月のプログラムは全て中止になってしまいました。交流室も閉鎖で、今年の5月も寂しいウエルカムになってしまいました。
    そんな中唯一農園の植物だけは元気な姿を見せてくれています。
    特に2種類だけ植えた実もの…ミニトマトとワイルドストロベリーには、赤ちゃんのような小さい実が生りました。写真を大きくしていただくと、どちらにも小さい小さい実が生っているのが判ると思います。
    ミニトマトの花は黄色、いちごは白です。実は熟すとどちらも赤…と思われるでしょうが、実はこのいちごには白い実が生ります。楽しみですね!
    お近くまで来られたら、是非覗いてみてください🌸
     

     

    感染対策

     

     

    事務所入り口にあった手指の消毒コーナーが新しくなりました!
    手を差し出せば消毒液が出る非接触型です。来所の際は必ずご利用ください。液がたっぷり出るので、止まるまで手をかざしていてくださいね。
    その他パーテーションの設置、来所者への検温、面談後の消毒など対策できることを続けています。ご協力お願いします。

  • 4月のレポート

     

    プラバン(アマビエのキーホルダー)

    4月23日(金)、プラバンでお守りを作りました。一昔前に子どもたちの間で流行ったプラバンですが、今は色々な種類が出ていて、今回は裏が半透明で色鉛筆で塗れるタイプのものを使いました。
    職員が用意したアマビエの下絵にそれぞれ好きな色を塗り、絵に沿ってカットし、オーブントースターで20秒ほど焼きます。
    参加したメンバーさん達はプラバン初体験だったので、トースターの中でグニャグニャになって縮む様子に歓声が上がっていました。
    1/5ほどに縮んだプラバンを取り出し、素早く本などの重しを載せて平らに整え、好みの色の鈴と一緒にキーホルダーに付けたら完成!(^O^)/
    カラフルで個性的な守り神が素敵です♡これを身に着けて疫病退散!!
     

     

    WDC

     

     

    4月24日(土)、3名の参加者で新年度初回のWDCを行いました。ここ数回のWDCは、事前にテーマを設けずに話したい事を話しています。今回話題になったのは、やはりコロナに関する事でした。
    それぞれ取り組んでいる感染対策やワクチン接種への不安などのほか、自分や家族の体調に関しても悩みや意見が出ました。
    また、ウエルカムに関しても、以前のようにコロナの制限がない利用はもうできないのではという思いも訴えていました。
    本当に、マスクも制限も必要ない世界に戻りたいと願うのは、皆一緒です。夕食会や外出行事など、また楽しい時間を共有したいですね。一日も早い終息を祈りましょう。
     

     

    ウエルカム農園

     

    例年レタスや蕪、ハーブなどプログラムに使える植物を小さな農園で育てて来ました。でも昨年からコロナ感染予防対策で夕食会やクッキングなど食事系のプログラムは全て中止になり、農園も手つかず状態でした。
    でもそれではちょっと寂しくなり、今年はお花やワイルドベリーなどを植えてみました。良かったら近くを通った際に覗いてみてください。


こんなプログラムをしたい、あそこに出かけてみたい等あれば、是非職員まで声をかけてください

 

事業一覧

東大和市社会福祉協議会開所日カレンダー

東やまと社協だより

東京都からのお知らせ

現在ありません。

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人東大和市社会福祉協議会 All Rights Reserved.